くらし情報『ハリウッドへの皮肉たっぷり!?『アナと世界の終わり』学食ミュージカルシーン』

2019年5月20日 12:00

ハリウッドへの皮肉たっぷり!?『アナと世界の終わり』学食ミュージカルシーン

Photo by cinemacafe.net

<ゾンビ>と<ミュージカル>がまさかの融合を果たした青春ゾンビミュージカル『アナと世界の終わり』が、5月31日(金)より公開。先日は「王様のブランチ」映画コーナーで紹介され、ツイッターのトレンド入りも果たした本作から、海外ドラマ「glee/グリー」さながらの学園ミュージカルシーンの映像が解禁となった。

主人公アナが軽快なリズムに乗って歌っている後ろで、まさにゾンビパンデミックが起きているのに気づかない、という本編映像が解禁されるや、瞬く間に拡散され話題となった本作。今回、鬱屈した日々を過ごす“負け組”高校生たちが歌って踊って暴れまくる青春ゾンビミュージカルから到着したのは、食堂を舞台にした息のあったダンスパフォーマンスが魅力の楽曲「Hollywood Ending」のミュージカルシーン。

アナは友達のジョンたちとともに食堂でランチ中。至福の時かと思いきや、みんな本音がダダ漏れ!?「♪映画のようなエンディングなんてない~」と、心の叫びが楽曲と共に次々と飛び出す!アナのことが気になっているジョンは相手にされないことを悩み「やっと分かった、いいヤツでもモテないって」と心境を吐露。そして食堂にいる生徒たちも一緒になって歌い始め、息のあったダンスはまさに青春ミュージカル!

今回アナ役を演じたエラ・ハントはミュージカルが大好きで、歌だけでなく自身で作曲も行うほど。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.