くらし情報『ライリー・キーオ、死の恐怖に怯え泣き叫ぶ!『ハウス・ジャック・ビルト』本編映像』

2019年6月15日 19:20

ライリー・キーオ、死の恐怖に怯え泣き叫ぶ!『ハウス・ジャック・ビルト』本編映像

Photo by cinemacafe.net

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ニンフォマニアック』などの衝撃作を世に送り出したラース・フォン・トリアー監督が贈る待望の最新作『ハウス・ジャック・ビルト』の本編映像がシネマカフェに到着した。

今回到着した本編映像は、ライリー・キーオ演じるジャクリーンが死の恐怖に怯え、泣き叫ぶ様子が映し出されている。

シリアル・キラーであることを隠すだけでなく、まるで実在した凶悪犯テッド・バンディのように松葉杖をついて他人の目を欺くまでになっていたマット・ディロン演じるジャックが次なるターゲットとして目を付けたのは、臆病な女の子ジャクリーン。ジャックが“当時夢中になっていた女性”と明かすだけあり、最初はラブラブなおうちデートを楽しんでいた2人だが、ジャックの異常さに気づいたジャクリーンが、こっそりと部屋からの逃走を試みる。

しかし、背後からの殺気に気づくと、そこには先程の甘いマスクを剥ぎとり、すっかりシリアル・キラーのスイッチが入ったジャックの姿が…。「お前にはがっかりだ。すぐ逃げ出すのは悪い癖だぞ。楽しくやっていたのに」と、得意のガッカリ顔を見せるジャックの手には家の鍵。そして、杖無しに平然と佇む姿から、ジャクリーンはジャックが世間を騒がせている連続殺人犯であることに気づく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.