くらし情報『吉高由里子の“働き方”に多様な声、向井理“ロス”も…「わたし、定時で帰ります。」最終回』

2019年6月26日 00:30

吉高由里子の“働き方”に多様な声、向井理“ロス”も…「わたし、定時で帰ります。」最終回

Photo by cinemacafe.net

吉高由里子が必ず定時に帰るヒロインを演じる火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」が6月25日の放送で最終回を迎えた。“働き方”に対し真正面から向き合ったともいえる本作に対し、多くの視聴者から様々な声が寄せられている。

「働き方改革」のなかでも特に注目されている「残業問題」を中心に、ライフワーク・バランスを描くことで“働くとは?”“仕事とは?”“そして本当の幸せとは?”を世に問うお仕事ドラマとして放送された本作。

“必ず定時で帰る”ことをモットーに生きる主人公・東山結衣を吉高さんが演じる。結衣の元婚約者でいまは同じ会社で働く種田晃太郎に向井理、結衣と婚約するもすれ違ってしまった諏訪巧中丸雄一、非常識な予算で仕事を獲得、結衣たちをブラック労働に追い込む上司の福永清次ユースケ・サンタマリア

結衣の部下の新人・来栖泰斗に泉澤祐希、結衣の同僚・三谷佳菜子シシド・カフカ吾妻徹柄本時生、結衣の先輩・賤ヶ岳八重に内田有紀、結衣に“助言”する晃太郎の弟・愁に桜田通といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
巧から「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられた結衣は途方に暮れる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.