くらし情報『「グロテスクさを全面に」ホラーファンも震撼する恐怖と不快感『ゴーストランドの惨劇』監督コメント到着』

2019年8月21日 19:00

「グロテスクさを全面に」ホラーファンも震撼する恐怖と不快感『ゴーストランドの惨劇』監督コメント到着

Photo by cinemacafe.net

フランスの鬼才パスカル・ロジェが放つ6年ぶりの監督作『ゴーストランドの惨劇』。ロジェ監督が作り上げた“狂気の迷宮”は、もう2度とは見たくないはずなのに、罠にはまれば必ず2度観たくなる。そんなトラウマ・ホラーの鬼才が観る者を弄ぶ、“絶望のトリック”に迫った。

「グロテスクさを全面に押し出したかった」トラウマホラーの鬼才の頭の中を覗く

本作は、2008年の『マーターズ』、2012年の『トールマン』を経て6年ぶりにロジェ監督が撮り上げた待望の長編作品。主人公の姉妹が絶望的な惨劇に巻き込まれる様は、女性2人を主役に据えた『マーターズ』と通じるものがあるが、本作ではさらに全編に張り巡らせた伏線と罠で、観る者を巧みに翻弄していく。

「私はグロテスクさをどうしても前面に押し出したかった。映画とは見世物なのだという根本に連れ戻してくれる、フリークショーのイメージをね」と語るロジェの意向は、そのまま画面に反映され、突然家に侵入し、姉妹と母親に容赦のない暴力を振るい続ける暴漢の見た目や、引っ越した家に置きっぱなしにされていた夥しい数の人形にも“グロテスク”さが表れている。

「最初、装飾についてはとてもシンプルなイメージしかなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.