くらし情報『湯浅政明監督×小松左京「日本沈没2020」仏アヌシー映画祭に出品決定』

2020年4月16日 12:00

湯浅政明監督×小松左京「日本沈没2020」仏アヌシー映画祭に出品決定

Photo by cinemacafe.net

湯浅政明監督が、小松左京氏のベストセラーの初アニメ化に挑んだNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」からキービジュアルが解禁。さらに本作は、湯浅監督が『夜明け告げるルーのうた』で長編部門グランプリを受賞したフランスの「アヌシー国際アニメーション映画祭2020」TV部門に日本から唯一出品されることも決定した。

「DEVILMAN crybaby」で全世界を衝撃に包んだ湯浅監督が挑んだ最新作は、2020年の日本を舞台にした「日本沈没」。これまでの映像化作品では描かれることの少なかった“ごく普通の家族の物語”を通じ、リアリティと緊張感をもって“いま”を描く。

湯浅監督がアヌシー国際アニメーション映画祭にノミネートされるのは今回が5度目(TV部門では2度目)。2017年に『夜明け告げるルーのうた』で長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞している。また、本年、同映画祭は6月15日~30日に渡り、デジタル上で開催されることも改めて正式に発表された。

この度解禁となったキービジュアルでは、ところどころ擦り切れた1枚の写真に、主人公の歩を中心に、武藤一家が笑顔で並んでいる姿が描かれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.