くらし情報『パク・ソジュン、祭服をまとい悪魔祓いの闘いへ『ディヴァイン・フューリー』本編映像』

2020年8月10日 13:00

パク・ソジュン、祭服をまとい悪魔祓いの闘いへ『ディヴァイン・フューリー』本編映像

Photo by cinemacafe.net

日本でも大ブレイク中のパク・ソジュンが『ミッドナイト・ランナー』の監督と再タッグを組んだ最新映画『ディヴァイン・フューリー/使者』。この度、本作で生まれて初めて祭服をまとったというパク・ソジュンがその撮影裏についてコメント。その本編シーンでは“親友”チェ・ウシクと共演も果たしている。

本作で生まれてはじめて祭服を身にまとったというパク・ソジュン。着用した感想については「正直撮影の時はとても苦しかったです。僕は1度しか着ませんでしたが、司祭役のアン・ソンギさんはずっと着ていらっしゃいました。とても苦しかっただろうなと思いました」と振り返る。


「さらに着用したままアクションをしなければいけません。あの服は明洞聖堂で採寸して作りました。あの服を着ることで象徴的な意味があると思いますし、僕自身も敬虔な気持ちになります。まるで男性がスーツを着るときに背筋が伸びたり、心持ちが変わるような、祭服特有の感覚がありました。あの服を着てアクションをするのと着ないのとでは全然違います。いい経験でした」と、アクションに挑む際にもいい刺激になったよう。

さらに、その該当の本編シーンでは、パク・ソジュンとプライベートでも仲の良いチェ・ウシク扮するチェ神父から、パク・ソジュン扮するヨンフが祭服を託されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.