くらし情報『武井咲「黒革の手帖」SPでドラマ復帰、原作は「拐帯行」』

2020年9月2日 05:00

武井咲「黒革の手帖」SPでドラマ復帰、原作は「拐帯行」

Photo by cinemacafe.net

武井咲が“稀代の悪女”原口元子を演じた「黒革の手帖」が、この冬、ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」として帰ってくることが分かった。

2017年夏、松本清張作品初挑戦にして「黒革の手帖」史上最年少の原口元子役に抜擢された武井さん。3年ぶりの復活となる今作は、彼女にとっても記念すべきドラマ復帰作。

メガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座の頂点に上り詰めた元子だったが、ドラマ最終回では彼女のもとへも警察の手がおよび、ついにどん底へと転落。

そして3年の時が経ち、刑期を終えた元子が、新たなスタートを切るところから今回の物語がスタート。1958年に発表した短編小説「拐帯行」(新潮文庫『黒地の絵傑作短編集〔ニ〕』所収)を基に、全てを失った女が、金沢で再び頂点を目指しはい上がっていく。

再び元子を演じることになった武井さんは「放送を終えてからも、この作品のことを忘れたことはありませんでした。3年という時間が経ったとは思えないくらい、元子という女性が常に近くにいたような感覚でしたので、正直、お芝居への復帰は『元子じゃないと』『「黒革の手帖」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.