くらし情報『ブラピが号泣&脚本をあて書き? 幻の主演作となった異次元のラブストーリーが公開』

2009年10月26日 20:13

ブラピが号泣&脚本をあて書き? 幻の主演作となった異次元のラブストーリーが公開

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

ブラッド・ピットが惚れ込み、自ら製作総指揮に乗り出した恋愛映画が先日、公開を迎えた。その映画とは時空を旅する男とある少女の切ない恋を描いた『きみがぼくを見つけた日』。

ニューヨークタイムズのベストセラーリストで、28週連続でベスト10入りを果たした人気小説を原作とした本作。小説の評判を耳にしたブラピが実際に読んでみて惚れ込み、製作総指揮に名乗りをあげた。これまでに『ディパーテッド』を始め、ドキュメンタリー映画『GOD GREW TIRED OF US』(原題)、パートナーのアンジェリーナ・ジョリー主演の『マイティ・ハート/愛と絆』に自身が主演も務めた『ジェシー・ジェームズの暗殺』などで製作に携わってきたブラピだが、ここまで“恋愛”を前面に押し出したラブストーリーの製作はこれが初めて。

脚本を担当したのはこれぞラブストーリーの真髄!とも言うべき名作『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本を手がけたブルース・ジョエル・ルービン。彼は、執筆当時、主人公のヘンリー役としてブラピを念頭において書き進めていったといううわさも…。

最終的にブラピは本作では裏方に徹することとなり、彼のファンにとっては少し残念な結果となったかもしれないが、実際に、この役を演じることになったのは『ミュンヘン』、『トロイ』などへの出演で一気にブレイクし、今年公開された『スター・トレック』では特殊メイクを施して悪役にも挑戦している人気俳優、エリック・バナ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.