くらし情報『井上祐貴&萩原利久、思春期の不器用さがミステリーの鍵に…『Bittersand』“謎が謎を呼ぶ”冒頭映像』

2021年6月13日 13:00

井上祐貴&萩原利久、思春期の不器用さがミステリーの鍵に…『Bittersand』“謎が謎を呼ぶ”冒頭映像

Photo by cinemacafe.net

「ウルトラマンタイガ」で注目を集めた井上祐貴と、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」などの萩原利久、「ウルトラマンR/B」「シンデレラはオンライン中!」などの木下彩音という次世代の注目俳優が共演する『Bittersand』。この度、謎が謎を呼ぶ冒頭映像が到着した。

この度到着したのは、井上さん扮する暁人が、萩原さん演じる親友の井葉に教室の黒板に描かれていた【3年1組相関図】を自分が描いたと噂を流して欲しいと懇願する謎が謎を呼ぶ冒頭映像。このシーンを演じた井上さんと萩原さんが、青春ミステリーの魅力や、謎を解くヒントにもなるキャラクターについて、思春期ならではの感情を語った。

冒頭映像の前半では、暁人が井葉に詰め寄り「俺の“噂”を流して欲しい」と頼み込む様子が描かれる。興奮気味に懇願する“噂”とは、教室の黒板に描かれた【3年1組の相関図】を自身が描いたことにして欲しいというのだ。その相関図の内容が映像の後半で映し出されており、【石川絵莉子の本性】という木下さん演じる絵莉子についての相関図で、“ビッチ”、“裏切り”、“友情と愛情、人間関係を跡形ものなく破壊する女”と本人も、観る者も傷つけるネガティブな言葉ばかりが描きなぐられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.