くらし情報『祖母の瞳に「引きつけられた」…『花椒の味』明るい笑顔の裏にある三女の思いに迫る』

2021年10月21日 12:00

祖母の瞳に「引きつけられた」…『花椒の味』明るい笑顔の裏にある三女の思いに迫る

Photo by cinemacafe.net


香港、台北、重慶。別々の土地で育った三姉妹が、父親の死でお互いの存在を初めて知り、出会う物語『花椒(ホアジャオ)の味』。この度、髪をオレンジに染め、アパレルの経営者としてオシャレで自立したキャラクターである三女ルーグオについてメイキングとインタビュー映像が解禁された。

インタビューでは、ルーグオを演じたリー・シャオフォンのほか、ヘイワード・マック監督や、口煩いながらもルーグオの一番の理解者である祖母役のウー・イエンシューが、ルーグオへの想いを語っている。


ウーはルーグオの派手な容姿について「あのオレンジ頭を初めて見た時に“説明はいらない。あなたは私の孫”と思った」と会って早々、祖母と孫の関係になったと笑顔で話す。リー自身も「子供の頃から一緒にいる一番近い関係。おばあちゃんの目を見ると、不思議な力で引きつけられた」と、本当の家族のような一面も。

祖母の瞳に「引きつけられた」…『花椒の味』明るい笑顔の裏にある三女の思いに迫る

しかし、監督は明るさの裏にあるルーグオの本質について「ルーグオは実際見捨てられた子供」と話す。リーも「ルーグオは長い間愛に飢えている。時々つらい過去をさらっと言う。自分の強さを示すためにね」と分析、キュートな笑顔と愛らしい姿で場を盛り上げているリーのメイキング映像の一方、親に見捨てられた三女ルーグオの思いの裏にある祖母との関係も見逃せない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.