くらし情報『『最後の決闘裁判』ジョディ・カマーが明かす「両極端の感情が湧く」キスシーンの“裏側”』

2021年12月19日 17:00

『最後の決闘裁判』ジョディ・カマーが明かす「両極端の感情が湧く」キスシーンの“裏側”

Photo by cinemacafe.net


注目俳優ジョディ・カマーが、リドリー・スコット監督『最後の決闘裁判』のあるキスシーンの裏側について語るインタビュー映像がシネマカフェにて解禁となった。

舞台は14世紀末、フランスで法的に認められた最後の決闘裁判を描く本作。かつて友人同士であったカルージュ(マット・デイモン)とル・グリ(アダム・ドライバー)が生死を賭けて真実を巡る戦いに挑み、歴史家たちに“世紀のスキャンダル”とまでいわれるセンセーショナルな事件の真相に、圧巻の演出とスケールで迫る。当事者3人の視点から描かれる本作の構成は、黒澤明監督『羅生門』に影響を受けたといわれている。

『最後の決闘裁判』ジョディ・カマーが明かす「両極端の感情が湧く」キスシーンの“裏側”

今回の独占映像は、『フリー・ガイ』での好演も記憶に新しいジョディ・カマーが語るインタビュー映像。夫カルージュにとっては宿敵、アダム・ドライバー演じるル・グリとの初対面で交わす「激しくときめくようなキス」をなるべく自然に演じるために、固定観念を持たずに演技に挑んだとジョディは語っている。


「両極端の感情が湧く」絶妙なシーンは、まさにジョディの演技力が試される屈指の場面となっている。

『最後の決闘裁判』ジョディ・カマーが明かす「両極端の感情が湧く」キスシーンの“裏側”

『最後の決闘裁判』は先行デジタル配信中、2022年1月26日(水)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.