くらし情報『バイオレンスな暗殺ミッション遂行の瞬間『ポゼッサー』特報&禍々しい番外編ビジュアル』

2022年1月28日 19:00

バイオレンスな暗殺ミッション遂行の瞬間『ポゼッサー』特報&禍々しい番外編ビジュアル

Photo by cinemacafe.net


ブランドン・クローネンバーグ監督最新作『ポゼッサー』の番外編ビジュアルが公開。また、解禁となった特報にはバイオレンスなシーンが盛り込まれているが、本作はその内容の過激さから、映倫により「R18」の指定を受けている。

本作は、鬼才デヴィッド・クローネンバーグの息子ブランドン・クローネバーグの、『アンチヴァイラル』以来8年ぶりとなる長編第二作。完全無欠の遠隔殺人システムのもと第三者の意識と肉体を乗っ取り、ミッションを遂行する暗殺者の女性と、肉体を乗っ取られた側の男性の攻防を、静謐と狂気の入り混じる映像美で描く。

バイオレンスな暗殺ミッション遂行の瞬間『ポゼッサー』特報&禍々しい番外編ビジュアル

この度解禁された特報では、「全世界が言葉を失った戦慄のSFノワール」のテロップに続き、他人を乗っ取った主人公タシャ(アンドレア・ライズボロー)が暗殺ミッションを遂行するシーンが映し出される。遠隔殺人に必要な特殊なデバイス、肉体と潜在意識の中に深く侵入していることを思わせるカットやフランシス・ベーコンの絵画を想起させるグロテスクでアーティスティックな映像などが挟みこまれ、監督自身「刺殺シーンで刺す回数を一回でも減らしたら作品が駄目になっていた」と語るバイオレンスな殺害シーンの一部が描かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.