くらし情報『『化け猫あんずちゃん』カンヌの小学生に個性豊かなキャラクターが大ウケ 「監督週間」で世界初上映』

2024年5月22日 14:15

『化け猫あんずちゃん』カンヌの小学生に個性豊かなキャラクターが大ウケ 「監督週間」で世界初上映

目次

・実写からアニメーションを作り出す手法に注目集まる
・あんずの行動、カエルちゃんや貧乏神など、カンヌの小学生に大ウケ
Photo by cinemacafe.net


森山未來が“あんずちゃん”を演じ、第77回カンヌ国際映画祭「監督週間」に選出された映画『化け猫あんずちゃん』が現地時間5月21日にワールドプレミアとなる公式上映が実施。地元カンヌの小学生180人を招待した上映も行われ、スタンディングオベーションが巻き起こるなど盛況を博した。

カンヌ国際映画祭に併設されている「監督週間」は、作家性を重視した作品が選出され、世界で活躍する映画監督の登竜門として知られる非常に注目度の高い部門。

過去にはソフィア・コッポラ、スパイク・リーやアキ・カウリスマキ、日本人では大島渚、北野武、西川美和らが選出されており、日本の長編アニメーション作品としては高畑勲『かぐや姫の物語』、細田守『未来のミライ』に続く6年ぶりの選出で、久野遥子監督・山下敦弘監督ともに本作で初のカンヌとなった。


『化け猫あんずちゃん』カンヌの小学生に個性豊かなキャラクターが大ウケ 「監督週間」で世界初上映

実写からアニメーションを作り出す手法に注目集まる

監督週間のメイン会場であるクロワゼット劇場で2回の上映が行われた。まず、朝8時45分から行われた1回目の上映会は、約800席が満席に。世界中のプレスや映画ファンが訪れ、注目度の高さが伺える盛り上がり。あんずがバイクでやってくる登場シーンでは場内が笑いに包まれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.