くらし情報『富田望生『港に灯がともる』クランクアップ「尊い日々でした」』

2024年5月28日 05:00

富田望生『港に灯がともる』クランクアップ「尊い日々でした」

Photo by cinemacafe.net


阪神淡路大震災から30年の節目、2025年1月の公開を目指す、神戸を舞台にした映画『港に灯がともる』が無事クランクアップし、主演の富田望生と監督・安達もじりよりコメントが到着。また、劇中音楽を『心の傷を癒すということ』や『ミッシング』の音楽を手掛けた、作曲家・音楽家の世武裕子が担当することが発表された。

本作は、阪神淡路大震災の翌月に神戸市長田で生まれた1人の在日コリアンの女性・灯(あかり)が、自身の出自と親から聞かされる震災の記憶の板挟みになり、双極性障害を発症、コロナ禍を経て回復を目指す中で希望を見い出していく日々を、神戸の喧騒を舞台に繊細に紡いでいくオリジナルストーリー。


富田望生『港に灯がともる』クランクアップ「尊い日々でした」

この度、3月21日にクランクインをした撮影が、4月25日に撮影を終えたことが発表され、クランクアップコメントが到着。

金子灯役富田望生よりコメント
富田望生『港に灯がともる』クランクアップ「尊い日々でした」

私たちは紛れもなく、神戸で、灯の揺らぎとはぐれることなく生き続けることが出来ました。
物語の12年間、そして灯が生まれてからの30年間分の重力を受け止める為に必要な愛情を心いっぱいに感じながらの撮影は、「あっと言う間だった」とは言い難い、尊い日々でした。
素直に、映画づくりが楽しかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.