くらし情報『実写版『パトレイバー』エピソード7お宝映像公開、モチーフは「火の7日間」』

2014年9月5日 16:10

実写版『パトレイバー』エピソード7お宝映像公開、モチーフは「火の7日間」

実写版『パトレイバー』エピソード7お宝映像公開、モチーフは「火の7日間」
8月30日より公開されている人気アニメ『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐ 第4章』より、エピソード7「タイムドカン」の劇中映像が初公開された。

エピソード7「タイムドカン」は、爆弾魔によって特車二課のハンガー内に爆弾が仕掛けられ、隊員および整備員が爆弾探しに右往左往するストーリー。公開された映像では、仕掛けられた爆弾がいつ爆発するかわからない緊張の中、整備班の一人が「開封厳禁」という封がしてある缶を発見する。勇気を振り絞って缶を開封してみると、そこには大量のグラビア雑誌が隠されていた。仁藤優子浅香唯などのお宝写真集に興奮した整備員たちは、いつしか爆弾探しから"お宝探し"へと変わり、次々と発見される"お宝"に大歓喜。整備班副長の淵山さえ我を忘れてグラビア雑誌にくぎ付けになってしまう。しかし、そこに不穏な空気を読み取ったとったシバ班長が現れ、整備員たちの愚行に怒号を飛ばすという、お約束のシーンが描かれている。

実はこのシークエンスは、1990年~1992年に発売された『NEW OVA』シリーズの第8話「火の7日間」がモチーフになっており、往年のファン必涎のシーン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.