くらし情報『安達祐実、濡れ場シーン秘話語る「恥ずかしくなって体が赤くなっちゃって」』

2014年10月29日 11:00

安達祐実、濡れ場シーン秘話語る「恥ずかしくなって体が赤くなっちゃって」

安達祐実、濡れ場シーン秘話語る「恥ずかしくなって体が赤くなっちゃって」
女優の安達祐実が、28日に放送された日本テレビ系トークバラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週火曜23:59~24:54)で、ヌードに初挑戦した主演映画『花宵道中』(11月8日公開)の撮影秘話を語った。

『花宵道中』で遊女の悲しい運命を背負った主人公・朝霧を演じ、ヌードに初挑戦した安達は、「何年も前から、もし必要であれば、脱ぐ場面があってもやっていい」と考えていたそうで、「『花宵道中』の話をいただいて、やろう」とすぐ決心したという。

そして、演じる朝霧について「小さい頃せっかんを受けていて、きせるを肌に押し付けられたりしていたという虐待を受けていた役で、男の人と絡んだりすると体温が上がってきて、(肌に)赤い花が咲くというので有名な遊女という役」と紹介。

「撮影現場で脱ぐ前に、花のチェックをしないといけなくて、メイク室で上半身裸になって、監督とカメラマンに見せるという日があった」と明かし、「すごい恥ずかしくなっちゃって、体が赤くなっちゃって、花がどこにあるかわからなくなっちゃって」と、花のチェックができなくなったエピソードを披露。「落ちつかせてからまた」と時間を置いたと語った。

撮影については、「一回脱いでしまえばわりと平気になる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.