くらし情報『パナソニック、ノーベル賞授賞式に合わせてスカイツリーを特別ライティング』

2014年12月3日 16:36

パナソニック、ノーベル賞授賞式に合わせてスカイツリーを特別ライティング

パナソニック、ノーベル賞授賞式に合わせてスカイツリーを特別ライティング
パナソニックは東京スカイツリーにおいて12月11~18日の9日間、光の3原色で特別ライティングを行うと発表した。

パナソニックは東京スカイツリーのオフィシャルパートナーとなっており、1,995台のLED照明器具とそれらを高速に制御するLED演出システムを納入。開業以来、このシステムを使用したライティングが毎日行われている。現在のライティングパターンは22種類。

特別ライティングは、12月10日にストックホルムで行われる青色LEDの開発に関するノーベル物理学賞の授賞式に合わせて実施されるもの。青色LEDの誕生により、光の3原色(RGB=赤・緑・青)がそろい、LED照明の実用化につながったことを示すコンセプトで実施される。

実際のライティング内容は当日まで明かされないが、同社によると、RGBの3色とそれらを掛け合わせた白という計4色を用いたライティングが行われるという。

東京スカイツリー
事業主体:東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社
設計・監理:株式会社日建設計
照明コンサルタント:有限会社シリウスライティングオフィス(デザイン・シミュレーション)
施工:株式会社大林組
ライティング機器施工:電気興業株式会社

(c)TOKYO-SKYTREE

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.