くらし情報『1分でわかる2014年の日本人大リーガートピック集 - 驚異の四球率3%投手は?』

2014年12月5日 10:00

1分でわかる2014年の日本人大リーガートピック集 - 驚異の四球率3%投手は?

1分でわかる2014年の日本人大リーガートピック集 - 驚異の四球率3%投手は?
今シーズンにMLBでプレーした日本人選手は、活躍とケガの両方が目立った。30代後半になっても、コンスタントに成績を残し現役を続けられる選手と、ケガで大きくパフォーマンスを落とす選手とが、くっきり明暗を分けたシーズンだったと言える。

今シーズンを振り返りながら、日本人メジャーリーガーの良い話題と残念な話題の上位3つを紹介しよう。

○MLB全体で2位の四球率だった岩隈が奮闘

まずは、明るい話題を振りまいてくれた3人の選手からだ。

■1位: 岩隈久志(マリナーズ)―33歳で15勝、四球率3%

好成績の理由は、なんといっても生命線である制球力がさえわたったこと。過去2年に比べストレートが減り、スプリッターなど、コントロールしにくい落ちるボールがやや増えた投球内容にも関わらず、MLB全体で2位の3%という四球率を達成した。

打者100人に投げて3つという割合は、1試合を完投して1個出すか出さないかという驚異的な数字だ。勝ち星(15)よりも四球が少ないまま、シーズンを終えそうな感すらあった(最終的な与四球は、敬遠を除いて21)。

今年33歳となり、一般的なフィジカルのピークは完全に過ぎたと思われるが、それでもなおMLBトップクラスの成績を残した岩隈。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.