くらし情報『小林直己が初の自伝的エッセイ連載、タイトルは『EXILEになれなくて』』

2020年10月23日 18:00

小林直己が初の自伝的エッセイ連載、タイトルは『EXILEになれなくて』

小林直己が初の自伝的エッセイ連載、タイトルは『EXILEになれなくて』

EXILEのメンバーで、三代目 J SOUL BROTHERSのリーダー・小林直己による初の自伝的エッセイ『EXILEになれなくて』が、きょう23日18時から「文藝春秋digital」で連載開始する。

小林がEXILEに加入したのは2009年。その直後に発生した東日本大震災から、EXILEはスローガンとして「日本を元気に」を掲げてきた。実現に向けて「EXILEとして何ができるのか」そして「EXILEとして生きるということはどういうことか」を必死に考え続け、迎えた三代目 J SOUL BROTHERS活動10周年、コロナ禍に直面する――。

グループでの活動が制約されるなか、自分ができることを考え抜き、「私があこがれ続けた場所を、自分の言葉で書くことで、その意味を問いただし、私自身を発見したい」という思いから、今回、初の自伝的エッセイ『EXILEになれなくて』の連載開始に至った。

小林はこれまでも週刊文春、文春オンラインに村上春樹『一人称単数』の書評を2編同時に寄せるなど、“ハルキスト”として、また読書家としても有名だ。

今回の連載では、自らの生い立ちからEXILEとの出会い、LDHという組織の秘密、コロナ禍のエンターテインメント産業、新たな世代へのビジョンの共有など、内に秘めた熱い思いをメディアプラットフォーム「note」で展開中の「文藝春秋digital」で綴る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.