くらし情報『千葉県松戸市で、「広縁のまち 松戸」の一期販売を開始--中央住宅』

2015年4月23日 09:50

千葉県松戸市で、「広縁のまち 松戸」の一期販売を開始--中央住宅

千葉県松戸市で、「広縁のまち 松戸」の一期販売を開始--中央住宅
ポラスグループの中央住宅はこのほど、千葉県松戸市に、全26邸中23邸が敷地面積165m2(50坪弱)を有する「広縁(こうえん)のまち 松戸」の一期販売を開始した。

また、モデルハウスも2邸同時に公開がスタート。知識豊富な専門のスタッフにより、1階だけでなく2階も設えられたインテリアは家具配置の参考に、現地来場の際には現地の周辺環境だけでなく、実際の間取りを見てマイホームを検討できるという。

○「内と外が、庭と木でつながる住まい」がコンセプト

コンセプトは、「内と外が、庭と木でつながる住まい」。戸建住宅は庭は庭、家は家と内と外を別々に考えることが一般的だが、ポラスの「大庭宅プロジェクト」では逆転の発想により、魅力的な大きな庭からはじまる住まいづくりを提案する。

時代の変化とともに多様化するライフスタイルを捉え、26家族がそれぞれ自分らしい暮らしを永く、存分に愉しめるように設定。庭と住まいに連続性をもたせたインナープランニングを4種類用意した。「アトリエ」は、子育ても、自分らしさも大切にしたい人へ。「カフェ」 は、日々の暮らしの中にもお洒落感を求める人へ。「リゾート」は、太陽を友にするくつろぎを極める人へ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.