くらし情報『餃子の皮で生八ッ橋風スイーツを作ったぞ!』

2015年8月4日 14:07

餃子の皮で生八ッ橋風スイーツを作ったぞ!

餃子の皮で生八ッ橋風スイーツを作ったぞ!
手づくり餃子は、好きな野菜を入れたり肉にこだわったりと、色々なアレンジができて楽しい。みんなでつくって餃子パーティーにするのもいいだろう。しかし、用意した餃子の皮を使いきるのって案外難しい。そこで、餃子の皮が残った場合の活用法を人気料理ブロガーの筋肉料理人さんに教わった。もちもち食感が魅力の八ッ橋をイメージしたスイーツレシピだ。

○あまった餃子の皮で作る生八ッ橋風スイーツ

材料(10個分)
餃子の皮(大判) 10枚 / あん 80g程度 / きなこ 大さじ4 / 砂糖 大さじ2 / シナモンパウダー 小さじ1/4~お好みで / ココアパウダー、抹茶各適宜

作り方

1.きなこと砂糖、シナモンパウダーは混ぜてバットに広げておく。

2.フライパンで湯を沸かし、餃子の皮を30~40秒煮てから取り出し、氷水につけて冷ます。冷めたらペーパータオルの上に広げてのせ、水気を吸わせる。

3.2の餃子の皮をまな板に置き、真ん中にあん小さじ1強をのせ、餃子の皮を半分に折って包む。包丁で餃子の皮を三角形になるように切り、1のバットに入れて粉類をまぶしつける。

4.皿に盛りつける。お好みでココアパウダー、抹茶をふってもOK

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.