くらし情報『水樹奈々「耳が幸せだった」イケボ声優陣との共演に喜び 第1子出産後初イベント』

2021年6月27日 14:13

水樹奈々「耳が幸せだった」イケボ声優陣との共演に喜び 第1子出産後初イベント

水樹奈々「耳が幸せだった」イケボ声優陣との共演に喜び 第1子出産後初イベント

歌手で声優の水樹奈々が27日、都内で行われた映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(8月13日公開)のキックオフイベントに声優の東條加那子、立木文彦、日野聡、芸人のこがけんとともに出席。今年3月に第1子を出産したことを発表後、初の公の場でリラックスした表情を見せた。

同作は、映画『スーサイド・スクワッド』シリーズの第2弾。DCコミックス発のヴィラン14人が集結したチーム「スーサイド・スクワッド」の活躍を活写する。監督は『アベンジャーズ』シリーズの製作総指揮も務めているジェームズ・ガン。

政府の極秘任務スタッフのエミリア・ハーコートの吹き替えを担当した水樹は「アメコミが大好き。この作品に参戦できてとても嬉しかった」とニッコリ。役柄と声がピッタリだという理由でオファーを受けたと聞いて「そう言っていただけて嬉しい。最近、ミサイルを素手でつかんだりとか強い女の役が多い」と自虐気味になる一幕も。3日前に収録したばかりだと明かして「シーン的には少なめだけど、どういう個性を出すか、最初のキャラクター調整は時間をかけてやった」と語った。

本作には立木や山寺宏一、玄田哲章などベテランのイケボ声優たちが集結。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.