くらし情報『写真甲子園2015、今年も北海道・東川町で取材してきました! (その2) - 印象に残った作品をピックアップ』

2015年8月29日 21:00

写真甲子園2015、今年も北海道・東川町で取材してきました! (その2) - 印象に残った作品をピックアップ

写真甲子園2015、今年も北海道・東川町で取材してきました! (その2) - 印象に残った作品をピックアップ
8枚組の写真で競うのが写真甲子園のレギュレーションだが、審査委員長の立木義浩氏いわく、「8枚組の中において、1枚だけ突出した写真を見せてもらうのもこっちの楽しみ。驚きがある写真も出合えるのが嬉しい」。ということで、本稿では3日間の公開審査会で好評を得た写真をピックアップしてみたい。

○初日「完璧なフレーミングは"飽き"がくるんだよね」

大会初日は、いつもと違う北海道の環境、撮影の時間制限など写真甲子園のレギュレーションもあり、エンジンがかからず、実力を出し切れないチームが多かったようだ。そんな中、とくに印象に残ったのがこちらの3作品だ。

北海道岩見沢高等養護学校は初日、『私たちの視線』と題したモノクロの8枚組を提出した。その1枚目がこの作品だ。フォトテクニックデジタル編集長の藤井貴城氏は「視線が違うなと感動した。明日からもあなたたちの視線でいくといいと思う」と太鼓判。

立木氏は「なんだかよくわからないんだけど気になる写真。左は老人の手、右は部員の手、ここに"時間が写っている"」と評し、「この視線、まなざしを3日間を続けてもらいたい」と勇気づけた。

沖縄県立浦添工業高校の『仕立てる』からは、立木氏がこの8枚目について、「鏡に映った瞬間を撮ろうっていう思い切りがいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.