くらし情報『V6「最後に出来ること」 オリーブの木“ブイロクの木”を江戸川区の公園に寄贈』

2021年11月1日 12:00

V6「最後に出来ること」 オリーブの木“ブイロクの木”を江戸川区の公園に寄贈

V6「最後に出来ること」 オリーブの木“ブイロクの木”を江戸川区の公園に寄贈

本日11月1日をもって26年の歴史に幕を下ろすV6が、東京・江戸川区立なぎさ公園に「ブイロクの木」と名付けたオリーブの木を寄贈した。

江戸川区は、区民一人当たり10本の植樹を行うなど、長きに亘り都市の機能性と自然との共生施策を実施。また国連持続可能な開発目標(SDGs)を積極的に推進しており、東京ガールズコレクションプロデュースのSDGs推進月間「SDGs Month in EDOGAWA」でも、「水と緑」をテーマとしたファッションショーを行うこととなった。

このような同区の自然環境との共生推進やSDGsを積極的に推進している活動に対しV6が賛同し、11月1日、区立なぎさ公園に「ブイロクの木」と名付けたオリーブの木を寄贈した。

オリーブの木には「平和」という花言葉がある。平和な世の中に欠かすことができない緑豊かな自然環境への貢献を目指して、平和の象徴であるオリーブの木を寄贈したV6の思いを大切に、同区では、「ブイロクの木」がたくさんの笑顔が集る場所であり続けるよう、オリーブの大樹の保全活動などを通じて、人と地球の共生社会を目指す象徴として次世代につなぎ、SDGsを推進する活動に取り組んでいくという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.