くらし情報『『大恐竜時代』のサントラCDが初商品化! 『ザ・スーパーガール』の試聴開始』

2015年11月24日 19:00

『大恐竜時代』のサントラCDが初商品化! 『ザ・スーパーガール』の試聴開始

『大恐竜時代』のサントラCDが初商品化! 『ザ・スーパーガール』の試聴開始
過去に放送されたTVアニメ/ドラマ作品の中から、未商品化の劇中BGMを中心にリリースする「Columbia Sound Treasure Series」。シリーズ第8弾となる「大恐竜時代 オリジナル・サウンドトラック」の発売が、2015年12月23日に決定した。

石森章太郎原作の『大恐竜時代』は、1979年に単発で放送された、恐竜をテーマとしたオリジナルSFアニメ。芳野藤丸をはじめとした腕利きのスタジオミュージシャンが集い結成された伝説のバンド「SHOGUN」による音楽・演奏を楽しむことができる貴重な1枚で、ケーシー・ランキンのオープニング主題歌や、堀江美都子によるエンディング主題歌も収録され、初商品化となるCDはボリューム感溢れるアイテムとなっている。

また、11月25日には、シリーズ第7弾「ザ・スーパーガール オリジナル・サウンドトラック」も初商品化として発売を迎える。「ザ・スーパーガール」は、1979年4月2日より東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放映された全51話のテレビドラマで、「プレイガール」、「プレイガールQ」の後継作品。

野際陽子演じる女探偵の活躍を描くお色気アクション作品は、その音楽を馬飼野康二が担当し、ディスコ・ファンクやフュージョンのテイストが色濃く反映された、躍動感溢れるサウンドが魅力だ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.