くらし情報『ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会』

2015年11月26日 10:55

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」が次のステージへ - クラウド連携サービス「ScanSnap Cloud」発表会
既報の通り、PFUはドキュメントスキャナ「ScanSnap」の新サービス発表会を開催した。「ScanSnap Cloud」と呼ばれ、スキャンしたデータの種類を自動的に判別し、ユーザーが選択したクラウドサービスに自動保存するというもの。

新サービスに対応するScanSnapは、据え置きデスクトップタイプの「iX500」と、モバイルタイプの「iX100」だ。既存のユーザーも、iX500またはiX100のファームウェア更新によって、ScanSnap Cloud対応となる。ScanSnap Cloudの利用は無料だ。

スキャンしたドキュメントは、文書、写真、名刺、レシートの4種類に自動分類され、ユーザーがあらかじめ指定していたクラウドサービスへと自動転送。今までであれば、スキャンしたデータの種類をユーザーが判別、分類したり、ファイル名を付け直したり、特定のクラウドサービスへ手動でアップロードしたりという手間があったが、それらが不要に。ScanSnap本体のワンボタンで処理が行えるようになった。ScanSnapにとっては、世代が変わるほどの進化を成し遂げたことになる。

○そのコンセプトとは?

まずは、PFU 代表取締役社長 長谷川氏から。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.