くらし情報『ポタフェス2015 - ポータブルプレーヤー/アンプの新製品をピックアップ - デノン、コウォン、ラトックの未発表モデルも』

2015年12月19日 21:12

ポタフェス2015 - ポータブルプレーヤー/アンプの新製品をピックアップ - デノン、コウォン、ラトックの未発表モデルも

ポタフェス2015 - ポータブルプレーヤー/アンプの新製品をピックアップ - デノン、コウォン、ラトックの未発表モデルも
12月19日と20日、東京・ベルサーレ秋葉原にて「ポータブルオーディオフェスティバル2015」(ポタフェス2015)が開催されている。本稿では、展示されていたポータブルプレーヤーとヘッドホンアンプの新製品を紹介していく。

○超小型USB DAC「HERUS+」

エミライのブースでは、Resonessence Labs製の超小型USB DAC「HERUS+ (ヒールス・プラス)」が注目を集めている。2013年に発売された「HERUS」の高機能版だ。W31.7×D62.5×H20mmというサイズに、ESS Technology社の「ES9010-K2M」を搭載。ハイレゾ音源は、PCM 352.8kHz/24bit、DSD 5.6MHzのネイティブ再生が可能だ。

また、3種類のデジタルフィルターを選べることも特徴で、本体前面の「R」ロゴはフィルターの切り替えスイッチ兼インジケーターとなっている。HERUS+は接続したスマートフォンなどから電源供給を受ける方式だが、HERUSと比べて約25%の省電力化を図っている。

○コウォンは「PLENUE D」に加えて、未発表モデルも

コウォンジャパンのブースでは、12月に発表したばかりの小型ハイレゾプレーヤー「PLENUE D」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.