くらし情報『ジュニアNISAが始まる! メリット・デメリット徹底解説』

2016年1月15日 08:00

ジュニアNISAが始まる! メリット・デメリット徹底解説

ジュニアNISAが始まる! メリット・デメリット徹底解説
いよいよジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)が始まります。すでに口座開設の申し込みが始まっていますが、投資の開始は4月からです。慌てて口座開設する前に、ジュニアNISAのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

○年間80万円×8年間、最大640万円分の投資が非課税に

一般のNISAとジュニアNISAの基本的な仕組みは同じで、年間一定額までの投資に関わる売却益、配当、分配金にかかる税金が非課税になることが最大の特徴です。ただし、ジュニアNISA独自の制限がありますので、その点をまずは注意しましょう。おおまかなポイントは以下のとおりです。

0歳~19歳の個人が利用できる
1人1口座、1金融機関のみ口座開設できる
投資対象は、上場株式、株式投資信託、ETF、上場REITなど
投資期間中の配当金、分配金、売却(譲渡)益が非課税
1年の投資額の上限は80万円。8年間買付可能
非課税期間は最長5年。途中売却はいつでも可能
非課税制度期間は、2023年(平成35年)まで
18歳までは、払い出しができない
ジュニアNISA口座の運用管理は、原則として親権者が行う

○教育資金としての利用促進のため、18歳までは払い出しができない

ジュニアNISAを利用する際に、気を付けたいのは、18歳まで(子どもが3月31日時点で18歳である年の前年の12月末=高校3年生の12月末)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.