くらし情報『蝶野正洋、戦車にハマったきっかけは『ガルパン』- ギャップに共演者も困惑』

2016年1月29日 12:00

蝶野正洋、戦車にハマったきっかけは『ガルパン』- ギャップに共演者も困惑

蝶野正洋、戦車にハマったきっかけは『ガルパン』- ギャップに共演者も困惑
プロレスラーの蝶野正洋が、28日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』(毎週木曜23時00分~23時30分)に出演し、アニメ『ガールズ&パンツァー』の魅力を語った。

「日本の軍事情報開示を訴える極悪レスラー」という紹介で登場した蝶野。中でも特に戦車に興味があるという彼は、冒頭から周囲を置き去りにした熱い"戦車トーク"を展開した。続いてそのきっかけになった作品として、アニメ『ガールズ&パンツァー』が取り上げられると、共演者からは蝶野のイメージからかけ離れた"萌え系"を思わせるビジュアルに驚きの声が上がった。

『ガールズ&パンツァー』は、戦車を使った武道"戦車道"が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている架空の世界を舞台とした作品で、「美少女×戦車」という異色の組み合わせが話題に。また主人公たちの通う学校が「大洗女子学園」という設定で、本作と茨城県・大洗町はさまざまなコラボレーションを幾度となく実施するなど現実世界とリンクしているほか、劇中に登場する戦車が実物を精密に再現していることから、アニメファンのみならずミリタリーファンを巻き込んで人気を博している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.