くらし情報『『アーロと少年』のソーン監督、主人公と同じ恐竜の標本に大興奮!』

2016年2月3日 21:21

『アーロと少年』のソーン監督、主人公と同じ恐竜の標本に大興奮!

『アーロと少年』のソーン監督、主人公と同じ恐竜の標本に大興奮!
ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』(2016年3月12日公開)を引っさげ来日したピーター・ソーン監督が3日、「恐竜博2016」(3月8日~)の会場となる東京・上野の国立科学博物館を訪問。監督が会いたいと熱望していた主人公の恐竜アーロと同じアパトサウルスの骨格標本の前で、同博物館の真鍋真博士とスペシャル対談を行った。

『アーロと少年』は、恐竜たちが絶滅せずに進化を続け、文明と言葉を持つようになった地球を舞台に、弱虫の恐竜アーロと怖いもの知らずの少年スポットの友情と冒険を描いた物語。本作で長編アニメーション監督デビューを果たしたソーン監督は、真鍋博士が着ている恐竜が描かれたセーターを見て「博士のセーター大好きです!」と喜び、世界でも5本の指に入る完全に近い状態のアパトサウルスの骨格標本に「約80%が本物の標本を見るのは初めて。エキサイティング! ビューティフル!」と大興奮だった。

また、本作において「家族」を強く意識したといい、リサーチで多くの家族が農家や牧畜を営んでいる土地を訪れ、家族が力を合わせて生きている姿を見ながら「もし恐竜に家族がいたらどんな風に生き延びるのか考えた」と説明。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.