くらし情報『オラクル、WebLogic Server 12c R2を提供開始 - マルチテナントに対応』

2016年2月17日 10:19

オラクル、WebLogic Server 12c R2を提供開始 - マルチテナントに対応

オラクル、WebLogic Server 12c R2を提供開始 - マルチテナントに対応
日本オラクルは2月16日、「Oracle Fusion Middleware」の主要コンポーネントであるJavaアプリケーション基盤の最新版「Oracle WebLogic Server 12c R2」を提供開始すると発表した。

米国オラクル 製品管理担当バイスプレジデントのマイク・リーマン氏は、 WebLogic Server 12c R2について、「Javaのワークロードを集約してコストを削減したいというCIOの希望にこたえるものであり、過去最大のリリース」と語った。

リーマン氏は、WebLogic Server 12c R2の主要な新機能として、「マルチテナント」「連続可用性」「Java EE 7とDevOPSへの対応」「Javaのワークロードクラウドに移行する機能」を挙げた。

WebLogic Serverでは、これまで物理および仮想サーバ単位でアプリケーションごとのWebLogic Serverドメインを設定していたが、マルチテナント・オプションにより、WebLogic Serverドメイン内にアプリケーションごとの複数テナントを割り当てることが可能になった。加えて、ドメイン単位でしか設定できなかった管理者権限をテナントごとに設定し、アプリケーション利用者の認証・認可もテナントごとに設定できるようになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.