くらし情報『ディープラーニング関係の発表は約50件 - GTC 2016が開幕』

2016年4月5日 13:43

ディープラーニング関係の発表は約50件 - GTC 2016が開幕

ディープラーニング関係の発表は約50件 - GTC 2016が開幕
NVIDIAの主催する「GPU Technology Conference(GTC)」が2016年4月4日に開幕した。会場はサンノゼのダウンタウンにあるMcEnery Convention Centerである。この会場は、昨年と同じである。

今年は、会場の正面にドローンを飛ばすデモ用のケージが設置されている。

初日はチュートリアルで、2日目の4月5日の午前のJen-Hsun Huang NVIDIA CEOの基調講演で本会議の幕を開ける。

NVIDIAの関係者に聞いたところによると今年の参加者総数は、まだ不明とのことであったが、チュートリアルの参加人数から見て、昨年を上回っている感じである。今年のGTCでは4日間で500以上のセッションが行われる。GTCはNVIDIAの主催であるので、同社のGPUやCUDAによるソフトウェアの開発などのセッションもあるが、他の会社の主催のコンファレンスと違って、大学や他社の発表が多いことが特徴である。今年はディープラーニング関係の発表が50件あまりにのぼり、その中でもBaiduの発表が多いのが目につく。また、自動運転の技術のセッションも大きな目玉である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.