くらし情報『米MS、クラウドアプリ監視サービス「Microsoft Cloud App Security」を開始』

2016年4月7日 15:55

米MS、クラウドアプリ監視サービス「Microsoft Cloud App Security」を開始

米MS、クラウドアプリ監視サービス「Microsoft Cloud App Security」を開始
4月6日(現地時間)、Microsoftは新たなクラウドサービス「Microsoft Cloud App Security(以下、MCAP)」がGA(General Availability)に達したことを公式ブログで明らかにした。MCAPはOffice 365に加えてBoxやSalesforceといったサードパーティ製SaaSアプリケーション上の顧客データ保護を目的とするソリューション。Microsoftは2015年9月にクラウドセキュリティベンダーのAdallomを買収し、同社の技術を基盤として本サービスのローンチを2016年2月に発表していた。

MCAPはクラウドアプリケーションに対する可視性や制御、およびセキュリティをオンプレミスサーバーと同様のレベルで提供するサービス。具体的には任意のネットワークデバイスからログを取得し、自動コレクターを構成する。次にアプリケーションを接続して承認を行うことで、クラウドアプリケーションのユーザーやデータ、活動などのスキャンを実行する仕組みだ。

Microsoftは、企業が承認していないSaaSアプリケーションを使用する従業員数が80%にもおよび、シャドーITの発見にも役立つと説明する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.