くらし情報『一青窈、姉・妙原作の映画主題歌に新曲提供「姉の気持ちになって書いた」』

2016年5月23日 21:30

一青窈、姉・妙原作の映画主題歌に新曲提供「姉の気持ちになって書いた」

一青窈、姉・妙原作の映画主題歌に新曲提供「姉の気持ちになって書いた」

歌手の一青窈が、姉・一青妙原作の映画『ママ、ごはんまだ?』(2017年初春公開)の主題歌として書き下ろしの新曲「空音 (そらね)」を提供することが23日、発表された。

妙による同名のエッセイや『私の箱子』(講談社)が原作の本作では、一青姉妹の絆が映像や音楽で描かれる。主人公・妙を演じるのは、女優・木南晴夏。妹・窈役を藤本泉が務め、白羽弥仁監督がメガホンを取る。ロケは日本だけでなく、姉妹の故郷・台湾でも敢行しており、さまざまな台湾家庭料理を作るシーンも見どころとなっている。

窈は、実際に映画を見て、主題歌を書き下ろし。母の愛や家族について歌っている。窈は、「姉の気持ちになって書きました」と制作の裏側を明言。妙に「母子家庭の時代、『ちゃんと聞き分けのいい子にならなくちゃ』とずいぶん頑張って『おねえちゃん」でいてくれた」と感謝し、「母亡き後は、同時に母の役目を担ったり、一人の女でありもっと甘えたかったのでは」と想像を巡らせる。

そのような背景から、「『きっと母の目一杯の愛情を一人占めしたかった時期もあるのだ』と思ったらこんな詩になりました」とポツリ。また、「大人もこどももみんないいこいいこをしてほしいのではないでしょうか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.