くらし情報『指原莉乃、AKB48総選挙と高校球児に共感「地元に優勝を持ち帰りたい思い」』

2016年6月23日 04:00

指原莉乃、AKB48総選挙と高校球児に共感「地元に優勝を持ち帰りたい思い」

指原莉乃、AKB48総選挙と高校球児に共感「地元に優勝を持ち帰りたい思い」

アイドルグループ・AKB48が、「2016 ABC 夏の高校野球応援ソング」とABC・テレビ朝日系『熱闘甲子園』のテーマソングに決定し、このほどメンバーが都内で会見。HKT48の指原莉乃が「出場される選手の皆さんが一生、胸を熱くする曲が歌えたら」と意気込みを語った。

今回起用された新曲「光と影の日々」は、NMB48の山本彩と、AKB48総監督の横山由依がダブルセンター。山本が、中学生の頃から実際に甲子園で観戦していたことに触れ、「記憶に残っているのは2006年の斎藤佑樹投手と田中将大投手の一騎打ち」と回想すると、横山も「私も同じ!」と同意した。

横山は続けて、「毎年、さや姉(山本)と今年こそは甲子園へ行こうねと話しているのに、いまだかなっていない。今年こそは見に行きたい」と願望を明かしながら、「高校野球がほんっとに…好きやねんな」と山本と顔を見合わせ、"甲子園愛"を披露した。

18日に行われたAKB選抜総選挙で、2年連続3度目の1位となった指原は「(総選挙と)甲子園に出場される皆さんとは汗と努力が比にならないのですが、それぞれが地元に優勝を持ち帰りたい思いには共感できると思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.