くらし情報『いきものがかり・水野良樹、紅白リハは警備員に「まだ止められてない」報告』

2016年12月28日 20:39

いきものがかり・水野良樹、紅白リハは警備員に「まだ止められてない」報告

いきものがかり・水野良樹、紅白リハは警備員に「まだ止められてない」報告

アーティストのいきものがかりが28日、東京・渋谷のNHKホールで、『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、終了後の囲み取材に応じた。

デビュー10周年をむかえる同グループが紅白歌合戦で歌うのは、デビュー曲の「SAKURA」。桜の木を背景にしたステージに、水野良樹は「こんなに多い数の桜は初めてかも」、ボーカルの吉岡聖恵は「足元にも花びらが」と、驚いた様子を見せた。

また、山下穂尊は「普段は水野がエレキなんですが、今回は2人アコギなので、高校時代とか学生の頃に路上でやっていたことに近い」と思いを馳せ、「原点回帰」と表した。10周年の紅白ステージに、水野は「紅白に来ると、それ以上の方がいっぱいいる」と苦笑。区切りの年となったが「来年からやることが変わるわけではないので」と、自然体で答えた。

今までは、水野がNHKホールの関係者入口で止められることが話題となっているが、今回は「まだ止められてないです!」と笑顔。今年は「パスをいただいただきまして」と説明し、「今まで何回か止められていたので……」と振り返った。

今年の紅白のテーマは「夢を歌おう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.