くらし情報『NMB48山本彩、復興支援活動へ決意新た「できることを精いっぱい」』

2017年3月11日 23:08

NMB48山本彩、復興支援活動へ決意新た「できることを精いっぱい」

NMB48山本彩、復興支援活動へ決意新た「できることを精いっぱい」

アイドルグループ・NMB48が11日、大阪市西区の京セラドーム大阪で復興支援イベント「What can I do for someone? in 京セラドーム大阪」を開催した。

復興支援活動の一環として、会場内に募金ブースを設置。NMB48メンバーが協力の呼びかけを行った。また、NMB48メンバーがデザインしたチャリティーTシャツも販売した。

メインステージでは、各チームによるライブパフォーマンス、ファッションショー、来場者参加型のクイズ大会、さらには、メンバーの特技・個性を生かした企画ブースを展開。AKBグループメンバーが沿岸被災地の子供たちとの4年間の交流を経て作成した、岩手県山田町ジオラマ「やまだまち48」を関西初として展示した。

そして、6年前に震災が起きた14時46分には、金子支配人の合図の元、黙とうを1分間、全員起立して静かに祈りをささげた。

山本彩は「あらためて、東日本大震災の被害に遭われた皆さまを、心からお見舞い申し上げるとともに、そのご家族の皆さまの傷が早く癒やされるように、私たちもこの活動を通してできることを、精いっぱいやらせていただきたいと思っております」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.