くらし情報『NMB48白間美瑠、「みんなへの恩返し」で“最後の1期生”に 卒業と今後を語る』

2021年6月16日 10:00

NMB48白間美瑠、「みんなへの恩返し」で“最後の1期生”に 卒業と今後を語る

NMB48白間美瑠、「みんなへの恩返し」で“最後の1期生”に 卒業と今後を語る

●「一番手のかかったメンバー」だったからこそ
アイドルグループ・NMB48の白間美瑠が卒業する。在籍していた期間はおよそ10年で、NMB48の1期生としては最長となる。話を聞くと、「最後の1期生になるまで卒業はしない」と決めていたようだ。その理由と、卒業への思い。また今後のNMB48に寄せる期待などを話してもらった。

「卒業を考え始めたのは2年前です」と白間。「でも、NMBにまだ残しておきたいこともあったし、まだまだ引っ張っていかないといけないという気持ちもあった。それに2年前だとまだ1期生(吉田朱里)が在籍していました。私の中では最後の1期生になるまで残るって決めていたので、頭に卒業の文字が浮かんでも先送りにしていました」という。

なぜ「最後の1期生になるまで残ろう」と思ったのか?

白間は2010年10月にNMB48の1期生としての活動をスタート。同期にはエースとして活躍した山本彩、渡辺美優紀をはじめ上西恵、川上礼奈、小笠原茉由、山田菜々、吉田朱里ら。この中では比較的、若いメンバーとして加入した。

「私は一番手のかかったメンバーだと思うんですよ。ダンスレッスンも毎回1人だけ踊れていなくて先生に怒られ、怒られてはレッスン室を飛び出して『もうできひん!』って泣いて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.