くらし情報『ももクロ百田夏菜子、"リーダーの心得"「一旦待つ」に確信』

ももクロ百田夏菜子、"リーダーの心得"「一旦待つ」に確信

2018年2月19日 21:13
 

関連リンク

・星野源、“細田組”初参加に歓喜「ファミリー映画の最先端」
・上戸彩&斎藤工、再び動き始めた運命の行方は…映画『昼顔』地上波初放送
・有馬稲子「よくご馳走になった」と小津安二郎監督との思い出語る
ももクロ百田夏菜子、"リーダーの心得"「一旦待つ」に確信

アイドルグループ・ももいろクローバーZ百田夏菜子が19日、都内で行われたマーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』(3月1日公開)の吹替版完成披露試写会に出席し、リーダーの心得を語った。

百田夏菜子

超文明国ワカンダを治める国王でありながら、漆黒のスーツを身にまとったヒーロー"ブラックパンサー"でもある、2つの顔を持つ新ヒーロー初の単独映画作品。ワカンダの秘密を守るため、世界中へ自国のスパイを放ち国内外の敵と戦う。百田は、主人公ティ・チャラの妹でワカンダNo.1の天才科学者・シュリの声を担当した。

「シュリに寄せてみました!」とお団子ヘアで登場した百田は、「もとの女優さんがいらっしゃるなかでの吹き替えだったので、その役者さんにどれだけ近づけてどれだけテンションを合わせられるかというのが、近づきすぎてもテンション感が合わなくなったり、シュリの天真爛漫さがなくなってしまったりするんだなと。やりながら学ばせていただいた」とハリウッド声優初挑戦の感想をコメント。

また、「シュリは本当にお兄ちゃん思いで、元気で天真爛漫で、チャレンジ精神がすごくあって、でも普段は普通の女の子で、おしゃれとかもすごく好き。シュリのファッションがとても素敵で、髪型もお洋服もシーンによって全然違う」とシュリの魅力を熱弁。「ずっと『お兄ちゃんかっこいい』と思っていて、お兄ちゃんのことを思いながら吹き替えをやらせてもらっていた」と兄であるティ・チャラへの思いも明かし、「たまに自分のお兄ちゃんの顔がちらついて、でも『全然違う! こっちじゃない!』って」と笑った。

国王であると主人公にちなみ、自身もグループのリーダーである百田が、"リーダーに必要な心得"をボードに書いて発表。「一旦待つ」と答え、「お弁当を選ぶときとか、『どれがいい?』って言うときに一旦待つのがグループをうまくやっていく秘訣。話し合いのときに私がベラベラ話すよりも一旦みんなの声を聞いたり、取材で『どうですか? ももクロさん』って聞かれたときに、リーダーとして答えないといけないなと感じること以外は一呼吸待って、誰か話してくれたら『ありがとうございます!』って思うし、やばいと思ったら『よし!』と思って言ったりもします」と説明した。そして、「ティ・チャラがみんなの意見を聞こうとしているのを見て、間違ってないと感じることができました」と確信を得たようだ。イベントでは、本作の舞台であるアフリカの秘境・超文明国ワカンダを探しに出かけた"探検家"として、『仮面ライダー』の本郷猛役として日本のヒーロー界を背負ってきた俳優の藤岡弘、も登場。「ニューヒーローの誕生の物語。アクションも素晴らしいけど、壮大なメッセージが込められている。ずしんと胸に響きますよ!」と太鼓判を押すと、百田は「ヒーローに認められたヒーローって、もうヒーローの中のヒーロー!」と感動していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.