くらし情報『テクノロジーが変革する教育 - 第2回 iPadを導入することで実現する教育とは(Kolbe Catholic College:前編) (1) Kolbe Catholic Collegeの取り組み』

2014年5月20日 18:43

テクノロジーが変革する教育 - 第2回 iPadを導入することで実現する教育とは(Kolbe Catholic College:前編) (1) Kolbe Catholic Collegeの取り組み

テクノロジーが変革する教育 - 第2回 iPadを導入することで実現する教育とは(Kolbe Catholic College:前編) (1) Kolbe Catholic Collegeの取り組み
日本の教育機関でも、盛んにタブレットが導入されるようになった。テクノロジーを活用した教育は必須だが、これまでのように特別な教室でのみ利用していたパソコンではなく、教室の設備を変えずに生徒に1人1台端末を利用してもらえるようになるタブレットには期待が高まっている。

そこで、今回、オーストラリア西部の都市ロッキンガム市にある生徒数1,100人の中学・高校一貫校、Kolbe Catholic College(以下、コルベ)を訪問し、同校のiPadがある教育について取材を行った。コルベで教育のイノベーションを統括する日本人の教師、萩原伸郎氏が出迎えてくれた。

萩原氏に、コルベでのiPadやテクノロジー活用とその考え方について、実際の授業を見学しながら説明してもらったが、驚きの連続であった。前後半に分けて、コルベについて、紹介していきたい。

○コルベとロッキンガム市

まず、取材したコルベと、同校があるロッキンガム市について触れておく。ロッキンガム市は、西オーストラリアの中心都市であるパースから車で南へ1時間ほどのところに位置する。

ゴルフ場などにはカンガルーが生息し、またインド洋に面した海岸からすぐのところにある島々にはペリカンやペンギンといった動物が生息している自然にあふれた場所だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.