くらし情報『是永瞳、初めてのMCにチャレンジも自己評価は「20点」と反省』

2018年7月22日 11:30

是永瞳、初めてのMCにチャレンジも自己評価は「20点」と反省

是永瞳、初めてのMCにチャレンジも自己評価は「20点」と反省

第1回ミス美しい20代コンテスト グランプリの是永瞳が21日、神奈川・横浜のパシフィコ横浜で行われた日本青年会議所主催のサマーコンファレンス2018「スポーツのチカラフォーラムII」に出席した。

2016年に開催された「第1回ミス美しい20代コンテスト」で4万18通の応募からグランプリを獲得した是永瞳。12歳から始めた空手は、現在、糸東流の3段という腕前で、全日本空手道連盟公認TOKYO2020オリンピック空手のスペシャルアンバサダーにも就任している。その是永が、この日行われたパネルディスカッション「スポーツのチカラフォーラムII」に登場。平昌パラリンピック女子大回転座位金メダリストの村岡桃佳選手らとともにスポーツが持つ地域を活性化する力や共生社会を推進する力について論じ、是永はコーディネーターとしてディスカッションの進行を担当した。

初めてのMC役を終えた是永は「すごくホッとしてます。固まっちゃって話の内容を理解するのにも時間が掛かってしまいました。皆さんに伝えるのが難しくて、勉強不足でしたね」とし、「点数は20点(笑)。マイナス80点は来ていただいた皆さんに感情をお伝えすることが出来なかった点です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.