くらし情報『SMAPの3曲、平成で使われた曲TOP100入り 「世界に一つだけの花」1位に』

2019年4月17日 17:00

SMAPの3曲、平成で使われた曲TOP100入り 「世界に一つだけの花」1位に

SMAPの3曲、平成で使われた曲TOP100入り 「世界に一つだけの花」1位に

2016年に解散した国民的アイドルグループ・SMAPの「世界に一つだけの花」が、平成における著作物使用料分配額ランキングで1位になったことが、日本音楽著作権協会(JASRAC)の発表により明らかになった。

同ランキングは、「平成」期にJASRACが作詞家、作曲家、音楽出版社などの権利者へ分配した著作物使用料の合計額上位100曲をまとめたもの。CDや配信による売り上げだけでなく、コンサート、カラオケ、放送などあらゆる利用が反映されている。

「世界に一つだけの花」は、槇原敬之の作詞・作曲で、SMAPの35枚目シングルとして2003年3月5日にリリースされた。当初は、2002年7月24日発売のアルバム『SMAP 015 / Drink! Smap!』に収録された曲で、草なぎ剛主演のフジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』(03)の主題歌になったことで世間に知れ渡った。

SMAPはそのほか、37位に「夜空ノムコウ」(1998年 作詞:スガシカオ 作曲:川村結花)、91位に「らいおんハート」(2000年作詞:野島伸司 作曲:コモリタミノル)がTOP100内にランクインした。

■平成における著作物使用料分配額ランキング
1位「世界に一つだけの花」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.