くらし情報『ポール・マッカートニーのライブにリンゴ・スター登場』

2019年7月16日 16:22

ポール・マッカートニーのライブにリンゴ・スター登場

ポール・マッカートニーのライブにリンゴ・スター登場

ポール・マッカートニーリンゴ・スターがステージで再会、ザ・ビートルズのミニ同窓会の様相を呈した。13日、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで開催されたポールのコンサートにリンゴがゲスト出演を果たした。

同グループの1968年のナンバー「バースデイ」を演奏後、ポールは「僕たちにとってのサプライズ、君たちにとってのサプライズ、皆にとってのサプライズだ」「レディース&ジェントルメン、ワン・アンド・オンリー、リンゴ・スター」とリンゴを紹介、2人はハグを交わしポールは「愛しているよ」と旧友に告げた。

その後、リンゴのドラムセットが組み立てられ、1978年の「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を披露、ソロドラムから始まり、ベースのグリッサンドで会場を沸かせた。その後、「へルター・スケルター」に移行した2人は、カルト指導者チャールズ・マンソンとの関連により、何年にも渡って封印していた同曲を演奏し、最後にリンゴはドラムスティックを観客に向けって投げ、ポールのベースが欲しい人はいるかとジョークを飛ばした。

同コンサートは全38曲で構成、ポールは最後に、「みんな、さようなら。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.