くらし情報『荒牧慶彦『刀剣乱舞』の座長からカツオまで幅広い活躍で「満足しています」』

2019年9月22日 19:30

荒牧慶彦『刀剣乱舞』の座長からカツオまで幅広い活躍で「満足しています」

荒牧慶彦『刀剣乱舞』の座長からカツオまで幅広い活躍で「満足しています」

映画・舞台『刀剣乱舞』の山姥切国広役などで知られる俳優の荒牧慶彦が22日、都内で『荒牧慶彦写真集 「if…」』(講談社刊)発売記念イベント行った。白衣姿で登場した荒牧は、30代に向けての俳優としての抱負を聞かれると「求められている役柄に、真摯にその役になって。あとは、自分とかけ離れた役が、すごくやりたいなと思うので、悪役とか、めちゃくちゃ悪い役とか、やってみたいなと思います」と明かした。

9月20日から発売中の本作で、荒牧は医者や華道師範など、様々な職業に扮装している。写真集で演じた職業の中で、実際に役者として挑みたいものを聞かれると「医者かなあって思いますね。スーパー外科医ですね。ブラック・ジャックみたいな(笑)」とコメント。

医者の格好については「自分自身でやっているニコ生の番組で、皆さんからアンケートをいただいて。ホスト、大工、消防士、医者の中から、四つどれか一つを選んでくれっていうことでアンケートを募った」と経緯を明かし「『医者がいい』という票が一番多かったので。じゃあ、お医者さんの格好をしてみようかなと思いました」と笑顔を見せた。

本来は、写真集に乗馬インストラクターに扮した姿も掲載されるはずだったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.