くらし情報『宮里藍流「勝つためのメンタルコントロール術」とは』

2013年12月25日 11:00

宮里藍流「勝つためのメンタルコントロール術」とは

宮里藍流「勝つためのメンタルコントロール術」とは
アスリートにとって、メンタル面は非常に大切な要素だ。極度の緊張下においては、満足のいくパフォーマンスを発揮するのは難しい。ではトップアスリートはどのように「メンタルマネジメント」を行っているのか。女子プロゴルファー・宮里藍選手が語った。

○不振にあえいだ2007年

12月14日にHonda ウェルカムプラザ青山にて行われたイベントで、約300人のファンを前にトークショーを行った宮里選手。プロとしてのキャリア10年目の今年は、5年ぶりの未勝利に終わり、2009年から続いていた米女子ツアーでの連続V年数記録も「4」でストップした。「結果を見てみると満足してないですし、思うような体の状態も作れなかったので、自分としてははがゆかった」と今年を振り返った。

プロ10年間で一番記憶に残っていることをファンから問われた宮里選手は、間髪いれずに09年の「エビアン・マスターズ」での優勝をあげた。「人生で一番苦しい時期を経て勝ち取った1勝。まさか自分がスランプになるとは思わなかった」。07年には5戦連続の予選落ちを味わうなど、極度の不振にあえいでいた。03年に高校生で初勝利を収めてから、毎年順調に勝利を重ねてきた宮里選手が、07、08年と未勝利。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.