くらし情報『市民で立ち上げた文学賞「立川文学賞」。第2回受賞作品決定』

2012年3月27日 23:45

市民で立ち上げた文学賞「立川文学賞」。第2回受賞作品決定

市民で立ち上げた文学賞「立川文学賞」。第2回受賞作品決定
市民が運営する文学賞である「立川文学賞」の第2回受賞作が決定した。

大賞は小出まゆみ氏の「鋏(はさみ)とロザリオ」。

佳作は佐々木ゆう氏「山を生きて」、他3本、立川市長特別賞は間零氏「スクラム・ガール」。

3月24日に立川市役所にて授賞式が開催された。

立川文学賞は、立川市在住の市民が中心となり創設され、2011年に第1回が開催された。

市民・有志・ボランティア等で運営されているため、商業ベース、学術ベース、自治体ベースの活動とは一線を画す文学賞となっているという。

授賞式は市民に愛される賞をめざし、ノーベル平和賞受賞式がストックホルム市庁舎で行われるのを模して、立川市役所ロビーを借りて行う。

今回の授賞式には、審査委員長で直木賞作家の「志茂田景樹」氏や、清水庄平立川市長も見守る中、3月24日に行われた。

「立川文学賞」の募集作品は原稿用紙60~120枚までの中編。

「日本語で書かれた未発表作品」という要件のみで、テーマ・ジャンルは自由。

応募資格もプロ、アマ、年齢、性別、国籍、住所等は問わない。

今回は37都道府県、海外3カ国から計213作品の応募があったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.