くらし情報『LCCより安い!? 海外のデキるビジネスマンがビジネスジェットを使う理由』

2012年10月25日 13:11

LCCより安い!? 海外のデキるビジネスマンがビジネスジェットを使う理由

LCCより安い!? 海外のデキるビジネスマンがビジネスジェットを使う理由
安全面以外のあらゆるコストを削減し、格安運賃を提供するLCC(格安航空)。

例えばエアアジアの場合、東京からクアラルンプールまで片道1万7,000円(12月5日発、本稿執筆時点の運賃、諸税等込み)。

フル・サービス航空会社マレーシア航空は、同じ条件で片道5万3,220円。

確かに安い。

しかし、上には上がいる。

「LCCを使っても、東京 - マレーシア間の移動は、片道1万7,000円の”赤字”になるわけだろ? そんなコストは許容できない」と考える人々は、フライト中もお金を稼いで、旅行そのものを”黒字化”する交通手段を用いている。

それがビジネスジェットである。

ビジネスジェット(社用ジェット)というと、日本ではラグジュアリーアイテムのように紹介されがちだが、実は使っている人々の大半は一般の企業関係者であり、中小企業や管理職、現場社員らが全利用者の8割前後を占めている。

現在3万2,000機以上(燃費に優れ、ジェットエンジンでプロペラを回転させて推進力を得る飛行機「ターボプロップ機」約1万3,000機を含む)のビジネスジェットが世界の空を飛び交っており、LCCも含めた旅客機(ターボプロップ機約4,000機を含め、2万1,000機ほど)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.