くらし情報『「おにぎり」と「おむすび」の違いって何?』

2013年5月9日 12:32

「おにぎり」と「おむすび」の違いって何?

「おにぎり」と「おむすび」の違いって何?
おにぎりとおむすびは、コンビニでダントツの売り上げを誇り、国民食と言ってもよいほどの存在。でも、おにぎりとおむすびって何が違うのでしょうか?気になって仕方ないので、文献をひも解き、コンビニの商品棚に並んだおにぎりとおむすびをじっくりと観察してみました。

まずは、おにぎりに関する統計調査をご紹介。総務省の家計調査によると、日本人一人当たりのおにぎり(おむすびを含む)購入量は、全国平均3,659円(2008年~2010年平均)。都道県別では東京都がトップで4,771円、1個120円として計算すると、東京都民は年間およそ40個のおにぎりを購入していることになります。

おにぎりを購入する場所はコンビニエンスストアが最も多いはずですが、そのコンビニでは、おにぎりとおむすびとはどう区別されているのでしょうか。

まずはローソン。「おにぎり屋」のシリーズ名で商品ラインナップを展開しており、棚にはおにぎりばかり。これと対照的にファミリーマートは、「愛情むすび」と銘打って商品展開をしており、おむすびばかりです。

でも、ローソンのおにぎりとファミリーマートのおむすびとの間に、形状などの差はほとんど認められません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.