くらし情報『正しい作法を知っていますか? 絶対に失敗できないお葬式のマナー』

2013年5月14日 20:47

正しい作法を知っていますか? 絶対に失敗できないお葬式のマナー

正しい作法を知っていますか? 絶対に失敗できないお葬式のマナー
訃報はあるとき突然やってきます。プライベートだけではなく、仕事の関係で葬儀に出席することになるかもしれません。でも、同じ仏教でも宗派によってお焼香の回数が違ったりします。葬儀のマナーに自信がある人は少ないのでは?

結婚式なら多少のミスは笑ってすむこともあるけれど、お葬式での失敗は避けたいですよね。そこで、冠婚葬祭をプロデュースする小山セレモニーの相談役、小山高夫さんに、絶対にはずしてはならないポイントをうかがいました。

――お通夜や葬儀に参列するとき、いつもアタフタしてしまいます。洋服はやはり喪服がよいのでしょうか?

「葬儀・告別式当日は、男性は黒いスーツに黒いネクタイ、女性はそれに準じた格好が一般的だと思います。前日のお通夜は、ダークスーツでOK。大切なのは、相手への弔意の気持ちを衣装でも表現することです。

冠婚『葬』祭という言葉があるように、お葬式は日常ではなく特別な日。ご遺族・お身内が悲しまれている場に参列するのにふさわしい格好をするのが礼儀なのです」

――香典の金額はどのくらいがよいですか?

「地域差があるのでなんとも言えませんが、仕事のつきあいや友人であれば5千円が多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.