くらし情報『作品が自ら動き出す。森ビル×チームラボが「ボーダーレス」をテーマにした体験型巨大アート施設を開設』

2018年6月13日 16:00

作品が自ら動き出す。森ビル×チームラボが「ボーダーレス」をテーマにした体験型巨大アート施設を開設

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM」は、2018年6月21日にオープンするデジタルアートミュージアム。

「Borderless」をコンセプトに、約1万平方メートルという巨大な空間に世界初公開作品を含む約50作品が展示。

「Borderless World」「チームラボアスレチック運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN Tea House」の5つの世界で構成されています。

■5つのコンセプトごとの作品紹介

「Borderless World」では、作品の上に人が立つことで岩のような役割を果たし、水の流れが変わる「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」という作品が登場。

その場にいる人々の振る舞いや、他の作品の影響を受けながら、作品自体が変容し続ける驚きを体験できます。

目次

・5つのコンセプトごとの作品紹介
・施設概要


Main borderlesswaorl takihana 2 3 high preview


鑑賞者が自分の身体を使って作品を楽しめる「チームラボアスレチック運動の森」では、光る岩を掴むたびに音が鳴る「光の立体ボルダリング」や、跳ねる場所や強さで反応がかわる「ポヨンポヨン宇宙」など、子どもから大人まで純粋に楽しめる作品が並びます。

Threedimensional light bouldering preview

Aerial climbing through a flock of colored birds 5mb preview


光の立体ボルダリング

Main multi jumping universe preview


ポヨンポヨン宇宙

「学ぶ!未来の遊園地」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.